中小企業

「株式小学校」今後の展開は エデューレLCA、代表取締役学園長に聞く

 英会話学校の経営に始まり、プリスクール(幼稚園)の運営、そして日本初の株式会社による小学校設立にも乗り出しているエデューレエル・シー・エー(エデューレLCA)。元小学校教諭でもある代表取締役学園長の山口紀生氏は、理想の教育を求めてあくなき挑戦を続けている。“株式会社立”のLCA国際小学校(相模原市緑区)は2018年に設立10周年を迎えた。山口代表取締役に、今後の展開などを聞いた。

 日本語や文化も重視

 --設立10年を迎えたLCA国際小学校は、英語教育に特色がある

 「英会話学校からスタートし、生徒の父兄らからの要望などに応える形でプリスクール、小学校へ広げてきたこともあり、英語教育のノウハウが多くあった。小学校では、低学年の授業の80%、高学年でも50%を英語で行っている」

 --かといって、内容はインターナショナルスクールとも大きく異なるが

 「英語教育が充実しているのは大きな特徴だが、ここでは“日本の教育”もしっかりすることにしており、日本語や日本文化なども重視している。生徒は日本人だからね。合わせて、絵画など芸術と触れ合う機会も充実させている。子供の頃こそ、コミュニケーション力を高め五感を育むことが大切だ」

 繰り返し発話で上達

 --学校以外では、英語教育関連のノウハウ蓄積や教材の外販に力を入れている

 「プリスクールや小学校での実践から生まれた『メトロラーニング』という教材の普及を進めている。英語は繰り返し発話することで上達する。この“繰り返しの発話”をメトロノームのリズムに合わせて楽しくできるようにしたもの。テキスト教材やタブレット端末を使う電子教材などを用意し、幼稚園や学校向けに提供している。企業としては、こうした教材やソフトウエア事業の部分を強化していく方針だ」

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング