Sakeから観光立国

香港・台湾の訪日客に宮城、山形の酒蔵をPR

 冬季に香港、台湾からの訪日観光客拡大を図る宮城・山形両県の事業「SAKEツーリズム情報発信誘客促進事業」に協力するため、昨年11月に酒蔵のPR動画撮影に同行した。「美酒」をキーワードに情報発信やプロモーションを行うのが目的だ。(酒サムライコーディネーター・平出淑恵)

 撮影した動画は今月から、月間のユニークユーザー150万人を誇る、香港・台湾向けで最も有力な日本観光情報メディア「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」のサイトに掲載。ユーチューブで「『★吉田社長爆烈頻道★』宮城・山形品酒之旅」と題して配信している。

 案内人は、このメディアを運営する吉日媒体集団(ジーリー・メディア・グループ)の吉田皓一社長、そして香港在住で酒サムライの称号を持つミッキー・チャン氏の2人だ。

 動画の内容は、年に複数回日本を訪れている香港と台湾の人たちに向けて、「モノ」から「コト」へと観光の目的が転換期を迎えている、いまのタイミングで、地方の酒処を紹介している。

 冬から新年、そして旧正月のこの時期はまさに日本酒造りの期間に当たる。吉田社長の流暢(りゅうちょう)で軽快な語り口と、チャン氏による酒類専門家の解説コメントが入った映像はテンポ良く、日本に行かなくては実際に訪問することができない酒蔵を魅力的に紹介している。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング