クルマ三昧

ジャーマン3不在、閑散のデトロイトショー 自動車産業は衰退するのか?

木下隆之

 前身は、「東京エキサイティングカーショー」である。かつては非合法ギリギリのチューニングマシンが主体であり、アウトローな雰囲気に溢れていた。だが、いまではれっきとした自動車文化として認められている。数年前からは自動車メーカーの出展もあり、東京モーターショーのお株を奪うほど正統派に成長しているのだ。

 その点、デトロイトのNAIASは寂しかった。米国御三家であるGM、フォード、クライスラーが本社を構えるデトロイトが会場だというのに、世界最大のショーとして誇った栄華も過去のこと。今年はついに、メルセデス、BMW、アウディのジャーマン3が顔を出さなかった。GRスープラを発表、LCコンバーチブル・コンセプトを登壇させるなどしたトヨタ・レクサス連合がショーに色を添えたが、世界的なサプライズはそれに留まった。

 デトロイトに来るのは最後かも?

 全米自動車ディーラーが主催だという事情もあり、FCA(フィアット・クライスラー・オートモーティブ)が6.4リッターの巨大なピックアップを発表、GMはキャデラック最大のSUVを公開、フォードは主力のエクスプローラーをお披露目した。というように、アメリカで売れる(あるいは売りたい)“いま”のモデルを中心に出展しており、近未来的な“さき”のクルマはCESに目を向けた。デトロイトにはガソリン垂れ流しの雰囲気が漂った。

 「わざわざデトロイトに来るのは最後かもね」

 関係者の口は寂しい。たしかにデトロイトの街には廃屋が目立つ。トランプ大統領が票田たるラストベルトに秋波を送るものの、GMリーマンショックの傷は癒えていない。時より銃声が響くほど街は荒れており、人影もまばらだ。諸行無常を突きつける。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング