記事詳細

【ビジネス解読】革命なるか 「牛角」創業者が“お一人さま”向け格安焼肉店

更新

 炭火焼肉チェーン店「牛角」の創業者、西山知義氏が、都心で展開する1人客向けファストフード焼肉店「焼肉ライク」の全国展開に乗り出す。中華そばチェーン「幸楽苑」を運営するなど郊外店の運営に定評がある幸楽苑ホールディングスと提携するなど、郊外を含め全国で300店舗を目指す。家族や仲間が網を囲んで食べ飲みする焼肉文化においても、“お一人さま”ビジネスは成り立つのか。

<< 下に続く >>

 回転寿司がモデル?

 「都心では1万円、2万円、5000円、1000円台のお寿司屋さんがある。しかし、焼肉店では1000円台はほとんどない」

 昨年12月26日、東京都内で開かれた焼肉ライクの発表会。西山氏はこう述べた後、「1000円台」の回転寿司について、滞留時間が短く高い回転率を実現し、低価格、高い原価率でも収益が出るビジネスモデルに触れた。

 寿司業界では、ファストフード業態の回転寿司が成長したことで、業界の半数超を回転寿司が占めているという。西山氏は、焼肉業界もファストフードの出現により拡大する伸びしろがあるとみているのだ。

 西山氏が注目したのは、外食先として人気がある焼肉店が、「1人で行きにくい業態ランキング」でフランス料理店に続く2位だったことだ。そこで、「1人でも気軽に行ける焼肉屋さん。おいしい、安い、価値が高い」(西山氏)をコンセプトに、1000円台で食べられる焼肉店を目指す。

 焼肉ライクでは、(1)1人1台の専用ロースターを設置(2)リーズナブルな価格設定(3)お好みの部位、タレ、量を選ぶことができるシステム-を採用。客の注文をタブレット端末で受け付けたり、店内で肉のカットをしないなど、高い回転率による収益の確保と、熟練の調理人を不要とする店舗運営を行う。

ランキング