記事詳細

KDDIと東電、携帯と電気・ガス代をセット割引

更新

 KDDI(au)が東京電力ホールディングスと電力・ガス販売での提携を検討していることが18日、分かった。携帯電話と電気・ガスの料金をまとめて支払えば、割引を受けられるようにする。携帯電話市場が頭打ちとなる中、収益源を通信分野以外にも広げる。

<< 下に続く >>

 携帯料金と電気料金をまとめると電気料金のうち1~5%分を、携帯電話契約者に付与するポイントで還元する方向で調整する。ガスもセットで契約すれば、さらに還元率を上げることも検討する。セット割引にすれば、携帯電話の解約を抑える効果も期待できる。

 KDDIは通信の顧客基盤を生かし、金融やエネルギー、電子商取引といった非通信分野の事業拡大に注力している。電力小売りには平成28年に参入し、関西電力など4社と組んで全国で展開。ガス小売りは29年に開始し、関西電力や中部電力と協業している。

ランキング