記事詳細

【試乗スケッチ】聴かせるディーゼルサウンド ベンツを一台所有するなら迷わずS400d

更新

 最高級セダンとティーゼルエンジンの組み合わせに違和感を覚える人がいたら、そろそろ考えを改めたほうがいいのかもしれない。徹底的な快適性が不可欠なショーファードリブンであっても、いまのディーゼルエンジンは振動も音も上質なレベルに達しているのだから安心していい。(レーシングドライバー/自動車評論家 木下隆之)

<< 下に続く >>
メルセデスS400d

メルセデスS400d

 いきなり結論めいたことから書き始めてしまったが、ディーゼルエンジンを搭載する「メルセデスS400d」が日本初上陸したのは昨年の暮れだったが、印象が強かったこともあり、いまあらためてキーボードを叩いている次第だ。

 S400dは、直列6気筒3リッターディーゼルターボを搭載する。最高出力は340psだが、最大トルクは驚異的な700Nmに達する。さすがに低回転域トルクにメリットがあるディーゼルに、やはり同様に低速トルク増幅装置ともいえるターボが組み合わされるとこれほどまでの数値に到達するのだ。

 その数値がまやかしではないことは、走り始めた瞬間に意識させられる。冒頭で紹介したように、ディーゼルから想像する古い概念は、もう捨て去ったほうがいいとさえ思う。振動は滑らかであり、サウンドも心地いい。アイドリングさせたまま窓を開ければ、カラカラとしたディーゼル特有の音が耳に響く。だが、不思議なことにそれが不快ではないことを知るのだ。「聴かせるディーゼルサウンド」と言っていい。

メルセデスS400dのインテリア

メルセデスS400dのインテリア

 それで思い出すのは、数年前にデビューして僕をあっと驚かせた、「S300h」である。搭載していたのは、やはりSクラスとはイメージが大きく隔たる直列4気筒であり、排気量はわずか2リッター、しかもディーゼル。ハイブリッドが加勢するとはいえ、非力で荒々しいという印象を突きつける組み合わせだったにもかかわらず、「これもありかな」と思わせるに十分なフィーリングだったのだ。

このニュースのフォト

  • メルセデスS400d
  • メルセデスS400dのインテリア
  • メルセデスS400dのインテリア

ランキング