鉄道業界インサイド

「時差Biz」で通勤を楽におトクに 22日開始、各社の手法にも注目

枝久保達也
枝久保達也

 7月22日から首都圏鉄道各社は夏の「時差Biz」のキャンペーンを開始する。通算5回目の開催となる今回の時差Bizでは、オフピーク時間帯に駅の自動改札を通過するとポイントが付与されるキャンペーンの拡充や、指定の列車に乗ることでポイントを付与する新たな取組みも行われている。通勤を少しでも楽に、おトクにするための最新情報を紹介しよう(本稿で紹介した以外にもキャンペーンは行われている。詳細は利用する鉄道会社ホームページを参照してほしい)。

 東京メトロのオフピークプロジェクト

 東京メトロは今年4月から「メトロポイントクラブ(メトポ)」を活用した通年のオフピークプロジェクトを実施している。通年開催中の東西線では平日朝、東葉高速鉄道線と東西線西船橋~門前仲町間で、ピーク時間帯を避けて乗車(定期券利用者も含む)すると、時間帯によって10~25ポイント(10P=10円)が付与され、参加回数に応じてボーナスポイントも設定される。

 また駅構内の混雑緩和を目的に、平日朝のピーク時間帯を避けて有楽町線豊洲駅の改札を出場、または銀座線新橋駅の改札口を入場するとポイントが付与されるキャンペーンも9月6日まで開催中だ。参加には事前にPASMOの登録が必要だが、通常通り自動改札機を通過するだけで自動的にポイントが貯まる仕組みだ。(http://www.metpo.jp/

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング