メーカー

任天堂、スイッチ品薄続き国内出荷一時停止

 任天堂は主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」と携帯専用の「ニンテンドースイッチ ライト」の国内向け出荷を一時停止したと明らかにした。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生産に遅れが出ていることに加え、外出自粛に伴って需要が膨らみ、十分な量を供給できないと判断したためとみられる。

 任天堂は中国の委託先の工場でスイッチの多くを生産している。中国で新型コロナウイルスの感染が拡大し、2月に出荷に遅れが出ると発表していた。その後も外出自粛の影響もあり品薄状態が続き、今週中は出荷を停止することにした。来週以降は未定だとしている。

 すでに予約をしている人の分と欧米向けについては出荷を続ける。

 ゲーム情報誌「ファミ通」は7日、任天堂のスイッチ向けゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」の販売本数が、3月20日の発売から10日間で260万本に達したと発表した。ライトを含むスイッチの国内販売台数も1300万台を突破したといい、ゲーム需要が好調に推移している。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング