SankeiBiz for mobile

「マッサン」のエリー、憧れの「シカゴ」でブロードウェーデビュー

記事詳細

「マッサン」のエリー、憧れの「シカゴ」でブロードウェーデビュー

更新

 「ブロードウェーは究極の(憧れの)場所。子供の頃から夢見ていた」。NHK連続テレビ小説「マッサン」のエリー役で、日本で人気女優となったシャーロット・ケイト・フォックス(30)が31日からブロードウェーで、舞台主演を果たす。ミュージカル「シカゴ」のロキシー・ハート役で、12月には米カンパニーの一員として来日公演も予定されている。(飯塚友子)

 「17歳のとき、ブロードウェーで初めて観劇した舞台が『シカゴ』。作品も楽曲も素晴らしいですが、当時、メラニー・グリフィス(映画女優)が演じたロキシーは明るいパワーがあって、特別だと思った」。すっかり作品に魅せられ、2011年には地方での小劇場公演でロキシーを演じた経験もあるほどだ。

 ブロードウェーデビューのチャンスは「マッサン」収録中の昨夏、オーディションを打診され、ダンスや歌を収めた映像を「シカゴ」製作者側に送付。昨年11月、来日した現地スタッフによるオーディションを突破し、デビューが決まった。作品には「運命的なものを感じる」と、大きな目を輝かせる。

このニュースのフォト

  • ブロードウェーで「シカゴ」を上演しているアンバサダー劇場

ランキング