SankeiBiz for mobile

たとえ無能でも正社員の月給1.5倍 なぜ非正規とこれほど格差があるのか

記事詳細

たとえ無能でも正社員の月給1.5倍 なぜ非正規とこれほど格差があるのか

配信元:PRESIDENT Online 更新

 正規と非正規の月給は10万円以上の差

 非正規社員比率が40%に上昇する中、正社員と非正規正社員の賃金格差が依然として大きいことが厚生労働省の2015年の調査(賃金構造基本統計調査)でわかった。

 正社員の平均月給は32万1100円なのに対し、非正規社員は20万5100円。仮にデキがあまりよろしくない正社員であっても非正規の1.5倍超もらえるということになる。

 これは残業代を除く同じフルタイム勤務者の比較だ。正社員を100とすると、非正規の月給は63.9と6割ちょっとになる。前年より0.9ポイント上がっているが、それでも格差は大きい。

 また、この格差は商社など大企業内では56.9となっており、非正規は正社員の月給の半分ちょっとしかもらっていない。業種別では、卸売業、小売業の非正規が58.9と正社員との格差が大きい。

 月給で10万円以上の差が開くだけではない。

ランキング