SankeiBiz for mobile

ユニクロは“ブラック企業”ではない 柳井会長「ホワイトに近いグレー企業」

記事詳細

ユニクロは“ブラック企業”ではない 柳井会長「ホワイトに近いグレー企業」

配信元:PRESIDENT Online 更新

 【弘兼】何かの仕事を与えられたときに、いったい何の役に立っているのかわからないけど、とにかく与えられたことだけやっている。そういう姿勢ではダメなんですね。

 【柳井】自分から進んで、仕事の幅を広げていく必要があると思います。たとえば漫画でも、絵が上手いだけでは漫画家にはなれませんよね。背景取材やストーリーづくりも重要でしょうし、出版社の要望や読者のニーズにも応えなければいけない。仕事の基本は共通すると思います。

 弘兼 「社長は何をしているのか」と仕事のイメージが湧かない人もいるようですが、実際には最も忙しく、いろいろと考えているのが社長ですよね。

 【柳井】考えないと、会社というのはすぐ潰れますから。

 「玉塚元社長は優秀。僕が異常なだけです」

 【弘兼】アメリカでは、現場のブルーワーカーほど余暇が長く、トップに近づくほど忙しくなると聞きます。

 【柳井】トップはすぐクビになりますが、その代わり給料が高い。日本の3倍から10倍ぐらいですね。だから多くの経営幹部には、徹底した自営業者の意識がある。時折びっくりします。家族のように付き合っていた人でも、報酬の話になると「弁護士を通して話しましょう」となる。そういうところは、外国人と日本人では違いますよね。

ランキング