SankeiBiz for mobile

“時短派遣”事務系人材難で急増 即戦力を非正規雇用「パートよりはずっといい」

記事詳細

“時短派遣”事務系人材難で急増 即戦力を非正規雇用「パートよりはずっといい」

更新

 女性が中心の事務系職種で、“時短派遣”が急増している。1日の勤務時間を短くしたり、週5日未満にするなど、多様な勤務を採用する企業が増加。人手不足の解消とともに、人件費の抑制もできるためで、子育てや介護を理由に正社員を離職した女性層の受け皿になっている。企業側と退職女性のニーズが合った格好だが、一方で、女性が待遇の劣る非正規雇用に流れざるを得ない実情も浮き彫りにしている。

 小学生と保育園児のいる今川佳奈子さん(43)=仮名=は、東京・青山の専門学校で、人事労務の担当者として働く。勤務時間は週5日午前10時から午後4時までという派遣社員だ。

 子供に手がかかる中「この勤務形態は本当に助かる。仕事も経験の長い分野で働きやすい」と、今川さんはしみじみ言う。というのも、下の子が生後4カ月で復職した前職では、大変な思いをしたからだ。

 子育てでやむなく

 最初の出産で離職していた今川さんは、子供が2歳の時に再就職。証券会社で正社員として管理職を任されていた。2人目の出産の後は、同社では育児休業取得者第1号として復帰したが「時短勤務」は名ばかり。

ランキング