SankeiBiz for mobile

東大が調べてわかった老いの入り口 滑舌の悪い人は“死亡リスクが2倍”のワケ

記事詳細

東大が調べてわかった老いの入り口 滑舌の悪い人は“死亡リスクが2倍”のワケ

配信元:PRESIDENT Online 更新

 口の衰えは死亡リスクを高める。東京大学高齢社会総合研究機構が介護を必要としない状態の65歳以上、約2000人を約4年間追跡調査したところ、口の衰えを感じていないグループの死亡率を1とすると、衰えを感じているグループは死亡率が2.09倍となることがわかった。なぜなのか。同機構の飯島勝矢教授が解説する--。

<< 下に続く >>

 ※本稿は、飯島勝矢『東大が調べてわかった 衰えない人の生活習慣』(KADOKAWA)の第3章を再編集したものです。

※画像はイメージです(Getty Images)

※画像はイメージです(Getty Images)

 「食べこぼし」「滑舌の悪さ」がサイン

 「口の衰え」と聞くと、歯周病や歯の残存数ばかりが浮かぶのではないでしょうか。しかし、口腔機能を支えている、いちばん大切なものは筋肉です。舌は筋肉のかたまりともいえ、舌圧(舌の力)や、咬合力(こうごうりょく=噛みしめる力)、滑舌(かつぜつ=しゃべる発音の巧みさ)も、年をとれば老化します。

 加齢によって口腔機能が衰えることを「オーラルフレイル」(フレイルとは健康と要介護の中間地点のこと)と呼びますが、その兆候は「食べこぼし」「ささいなむせ」「硬い食品を避けるようになる」「口の中が乾燥する」などです。

 「お茶や汁物でむせることがある」「さきいか・たくあんぐらいの硬さのものが噛めない」「滑舌が悪くなった」といっても、生活上、それほど困るほどのことではないので、気にせず過ごしている人が大半ですね。

このニュースのフォト

  • ※画像はイメージです(Getty Images)
  • 飯島勝矢著『東大が調べてわかった 衰えない人の生活習慣』(KADOKAWA)

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です