受験指導の現場から

「理科は後回し」で大丈夫? わが子の分岐点ズバリ教えます!

吉田克己
吉田克己

 【受験指導の現場から】 この連載の初回で、「中・高校を通じて数学でつまずくか否かを決める最初の壁は中2半ばの1次関数である」。「子供から『関数が分からない』という言葉が出てきたら黄信号」と述べたが、理科にも同様の分岐点がある。そこで今回は、第1回と同様の主旨で理科について考えてみたい。

 化学だけは例外なのだ

 中学の理科には(社会にも)、カリキュラム構成として、数学や英語とは大きく異なる点がある。

 それは、学習単元を{学年…1、2、3}×{分野…生物、化学、物理、地学}の12マスで捉えたとき、大半の分野は単元間の独立性が高く、同じ分野であっても学年をまたいでの関連性が低いことにある。

 最たるは地学で「中1:大地、中2:気象、中3:天体」、次に生物は「中1:植物、中2:動物、人体、中3:生殖・遺伝」、物理は「中1:光、音、力のつりあい、中2:電流(電気回路)とエネルギー、磁界、中3:運動とエネルギー」といった具合で、以上の3分野については、物理で中1と中3に多少のつながりがある程度である。

 逆に、化学だけは例外で、「中1:密度、濃度・溶解度、状態変化、気体の性質・発生、水溶液の性質」「中2:原子と分子(元素記号、周期表、化学式が初出するのはここ)、熱分解、電気分解、酸化・還元」「中3:イオン、電気分解・電池、酸とアルカリ、中和」となっており、中1の後半から中3の終わりまでつながっていて、必然的に積み上げ型になっている。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング