受験指導の現場から

合格に導く「過去問フォーメーション」とは? 受験生のやる気も尻上がり

吉田克己
吉田克己

 本稿が掲載される10月初旬ともなれば、夏期講習会の成果を測る9月の模試の結果を受けて、冬期講習までのあいだ、子どもにどういう時間の使わせ方をさせるのがベストなのか、受験生の親ともなれば思案せずにはいられないだろう。

 塾の特別コース(日曜特訓、志望校別講座など)に参加させるべきか、むしろ家庭教師を一人付けるほうがよいのか、他の習い事を中断すべきなのか…。

 なかでも悩ましいのが、塾の授業・宿題と並行して、過去問にどう取り組ませるかであろう。この時期、通わせている塾からも過去問の進め方について、ガイダンスされているはずだ。

 志望校が、御三家をはじめとする最難関レベルであれば、ほとんどの大手塾が志望校別対策講座を設置しているため、それを過去問対策に代えるという考え方もできそうだが、学校特化型のコースが見当たらない早慶の一部やMARCHクラスが志望校の場合、どういう取り組み方をするとよいのか? これが今回のテーマである。

プラスにもマイナスにも作用する過去問

 まず、過去問を解くという勉強法は、とくに小学生にとっては、じつは両刃の剣であるという点を指摘しておきたい。

 塾から言われたとおりのペースで解答し、答え合わせをし、点数を出して、「はい、1年分終了!」…を繰り返しても、出題の傾向を掴む程度で終わってしまう。とくに、点数が合格者平均点にまるで届かないなら、子どもに却って諦めの気持ちが生じてしまい、メンタル面のマイナスは大きい。

 ではどうするか? 先に簡単に言ってしまうと、「この学校、いけるかも?!」という気持ちにさせるような取り組ませ方、サポートの仕方ができるかどうかに懸かっている。

 よく、受験をマラソンにたとえる向きがおられるが、マラソンと受験とでは、決定的に異なる点がある。マラソンは決められた距離をより速く走る競争だが、受験は決められた時間でより遠くまで走る競争である。ゴール地点が分かっていて、そこまで到達したら終了、順位は走っている最中から分かっている、というのと、決められた時間(ときに単独で)走り続けて、最後の最後で誰々が上位入賞者なのかが分かる、というのとでは、後者のほうがメンタルを維持するのはきつい。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング