趣味・レジャー

複合施設「横浜ハンマーヘッド」オープン 客船ターミナル・ホテル・商業施設 横浜港に7隻着岸実現

 横浜港新港ふ頭(横浜市中区)に、客船ターミナルとホテル、商業施設が一体となった複合施設「横浜ハンマーヘッド」がオープンし、新たな“名所”が誕生した。11万トンを超える客船の着岸が可能で、横浜港は暫定的に大型客船7隻の同時着岸ができるようになった。市などは訪日客の取り込みや宿泊客の獲得など、港街全体のさらなる発展に期待。貿易港としての役割が中心だった横浜港が観光・エンターテインメント分野の拠点へと変わり始めている。

 同施設の名称は、大正3年ごろに整備された、新港ふ頭のシンボルである港湾荷役専用クレーン「ハンマーヘッドクレーン」に由来する。運営する地元企業グループの代表である横浜岡田屋の社長、岡田伸浩氏は「世界でも珍しい商業施設、客船ターミナル、ホテル(が一体となった施設)を官民一体となって開発した。建物は完成したが、これからが長い物語の始まり」と話す。

 体験・体感型店舗

 施設は地上5階建てで、延べ床面積は約3万平方メートル。施設内は1、2階が吹き抜けとなっており、港の倉庫を改築したような空間が広がっている。

 1、2階の商業施設ゾーンには、体験・体感型をテーマとした計25店舗が入る。ガラス張りの工房で、お菓子の製造工程が見られたり、お菓子作りを体験できたりする店舗や、タピオカ専門店、人気ラーメン店5店舗などが入居。札幌ラーメン店「白樺山荘」の伊藤律店長は「外国でラーメンが認知され始めているなか、訪れた外国人客にラーメンを味わってほしい」と話す。一部店舗のテラス席や2階のデッキには、ペットの同伴も可能だ。

 3~5階はヨコハマインターコンチネンタルホテルの姉妹ホテル「インターコンチネンタル横浜 Pier8(ピアエイト)」が入居。客室は173室。海に浮かぶ立地ならではの眺望は、解放感にあふれ、船の上にいるような感覚を味わえる。

 商業施設ゾーンを隔てた1階の一部に、税関による手荷物検査、出入国管理、検疫などを行う客船ターミナル(CIQ施設)が入る。約4200平方メートルの広さがあり、出入国などの手続きをスムーズに行うことができる。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング