教育、もうやめませんか

学校はつくれる まずは構想を人に言いふらそう

野村竜一
野村竜一

学校ってつくれるんだ…

 「学校を作りたいから一緒に考えてほしい」。2014年9月中旬、メッセンジャーアプリ上で私はかつての同僚であり先輩にあたる衣川に相談を持ちかけた。現Manai Institute of Science and Technology統括ディレクターだ。前後の脈絡なく唐突な声かけに対し衣川は「はい、認可系ですね」「では詳しく話を聞きます」と、こちらが拍子抜けするほど冷静に、最初の打ち合わせの日程と場所の調整を始めた。

 こちらとしては「え? 野村さん、学校? 何言っちゃってんの? また面倒なこと言いだしたね。でも面白そうだね、ワクワクする!」くらいの驚きと興奮の反応を半ば期待していたが、その淡々とした様子に「この男おそるべし」と思ったのを覚えている。

 私は2005年より都内で小・中学生向けの学習教室を運営していた。知識の記憶とそれの正確な再現を競い合う受験勉強に特化するのではなく、物事の因果関係に注目し各教科を学び、考え、判断するトレーニングができる環境をつくってきた。教室が拡大するにつれ、放課後の学習教室(つまり塾)の形に縛られず、より生徒が能動的に学びを得られる仕組みを模索していた。そして私が目を向けたのが新しい学校を作るという活動だった。2014年に開校した長野・軽井沢の全寮制インターナショナルスクール、ISAK Japanの活動も「学校ってつくれるんだ…」という大きな刺激となった。

 2014年10月、新たな学校を設立するにあたってそれまで私が漠然と持っていたアイデアが、上述の衣川との議論の中で輪郭を得て固まった。本連載の初回でも触れているが、私の信念に「学びは、人から教わるのではなく没頭を通して行われるべき」というものがある。また、どんな優秀な先生や教材よりも、バックグラウンドが多様な、いわば価値観がごちゃまぜになった環境が人に最も学びをもたらすという思いと体験がある。

 それらから、Manaiプロジェクト(当時のプロジェクト名はISSJ。任意団体)の最初のコンセプトは「人は没頭を通して学ぶべき」「人はごちゃまぜの環境で学ぶべき」というものとなり、今でも多少表現を変えつつもManaiの根本哲学となっている。2019年暮れに差し掛かった現在、この「プロジェクトベースでの学び、ダイバーシティを重視した学習環境」というのは多くの学校や教室で既に一般化した感もあり、この数年で多くの教育従事者が学びのアップデート活動を行ったものだと実感できる。

世界中の人々をつなぎ世の中を変えるエンジン

 「サイエンスに特化した教育機関」という構想もプロジェクトスタートと同時に掲げた。サイエンスおよびその応用たるテクノロジーは、それを武器に個人が世の中に大きな変革や常識の更新を生み出すことができる。しかもサイエンスの世界の国境線は政治や経済、文化のそれに比べ曖昧であり、興味対象を通じ世界中の人々が結びつき協働し、世の中を変えるエンジンとなり得る。高校生世代が没頭しそれを通して学びを得る対象としてサイエンス分野以外には想定できなかった。

 また、私は大学に理科系で入学している。当時の同級生たちが大学や企業、研究所で頭角を現し研究の現場で活躍しだす頃だった。彼らからアカデミックの現場における研究環境の問題点・課題点を頻繁に聞いていた。話に上がる問題点・課題点は諸々あるが研究者たちが自由に研究を楽しめない理由の一つが、中学生・高校生にとって科学は試験科目であり、好きなこと・没頭する対象とはなり得ていないということが大きいと感じた。

 こうした理由からサイエンス・ダイバーシティ(ごちゃまぜ)・プロジェクト学習(没頭を通して学ぶ)というコンセプトの柱が出来上がった。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング