趣味・レジャー

五輪のマラソン・競歩、発着点は札幌大通公園に 実務者会議で市内2周案も提示

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り、大会組織委員会、札幌市、北海道は18日、2回目の実務者会議を札幌市で開き、マラソン、競歩とも市中心部の大通公園を発着点とすることで一致した。組織委はコースについて、マラソンは約20キロを2周する案、競歩は「札幌駅前通」を複数回、往復する案を提示した。

 組織委は12月4日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会の審議で発着点の承認を目指している。組織委の案によると、マラソンは大通公園を出発し、さっぽろテレビ塔やJR札幌駅付近、北海道大キャンパスを通って中心部に戻る。競歩はJR札幌駅から市中心部の大通公園方面へ延びる目抜き通りの札幌駅前通を往復する。

 初回の実務者会議は8日に開催。仮設設備を含む大会経費を組織委と開催地変更を主導したIOCが支払い、市や道は開催に伴う行政経費を賄うことなどを申し合わせた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング