デキる男は住まいから

テレワークをより快適に…「暮らしのカイゼン」で困難を乗り越える

香村薫
香村薫

 外出自粛要請を受け、仕事がテレワークに切り替わっている方も多いかと思います。我が家では、3人の子供(10歳、7歳、3歳)の面倒を見ながら妻は平日5日間、夫は週に2日間、在宅勤務へと変わりました。子供たちの精神面も考慮しつつ、“暮らしのカイゼン”で快適なテレワークが実現できないか? を試行錯誤する日々が続いています。今回は、その中で効果があった3つの項目をご紹介します。

 《1》寝室を仕事部屋にカイゼンする

 まず、子供と一緒の空間で仕事をするのは難しいので、仕事用の個室を作りましょう。いつか子供部屋にしようと思っている部屋があればベストですが、我が家のように現状すでに全ての部屋が埋まっている場合は、夫婦の寝室を仕事部屋へと変えてはいかがでしょうか?

 このとき、テレビや雑誌など誘惑されそうなモノは部屋から撤去し、基本的には会社にいるときと同じような状況を作ります。

 ▼もともと寝室だった洋室 ↓↓

 ▼仕事部屋へと変更 ↓↓

 このときの机のレイアウトも試行錯誤しました。一番しっくりきたのが、上記画像の配置です。机を壁につけるのではなく、自分が壁を背もたれにし、部屋のドアの方を見る配置(社長室のイメージ)にした方が、不思議と集中できることを実感しました。急に部屋へと入ってきた子供にすばやく気づけるのも良いですね。

 また、空の収納ボックス(段ボールでもよい)を用意しておき、個々の仕事グッズは使い終わったら責任をもって収納ボックスに戻しておくようルール化しました。

 これで、夫婦のどちらかが部屋を使うときに、気持ちよく仕事に取り掛かれます。

 《2》オンライン会議用に車の中をカイゼン

 室内の仕事部屋も快適なのですが、子供達も在宅しているので、どうしても遊ぶ声や走り回る足音が気になってオンライン会議に集中できないことがあります。そのたびに「静かにして!」と子供に怒っている自分がカメラに映っているのも、なんとも切ないですよね。そこで、いっそのこと車の中をオンライン会議用の部屋にしてはいかがでしょうか? といってもやることは簡単。

 ▼助手席を目一杯前へ倒し、後部座席との間にスペースを確保します ↓↓

 ▼そこに一人用の折り畳み式テーブルを用意 ↓↓

 ▼上にPCを乗せれば、簡易型のオンライン会議部屋が完成します(我が家は少し低かったので収納ボックスを使って微調整しました) ↓↓

 外出自粛なので家族総出で出かけることもなく、基本パソコン以外は置きっぱなしですが、もしも複数が乗車することがあっても折り畳み式テーブルであればサッと畳めてラクですね。キャンプ用のテーブルが無いご家庭は頑丈な段ボールでも可能です。ちなみに、夫婦のテレワークが重なった本日は…

9:00-10:00 夫がオンライン会議

10:00-13:00 妻がオンライン会議

15:30-18:00 夫がオンライン会議

 というように時間帯が重ならないようにスケジューリングして使いました。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング