デキる男は住まいから

ウィズコロナで変わる家庭の暮らし 「衛生面」を意識して家族ルールを作る

香村薫
香村薫

 これからウィズ/アフターコロナの生活が始まる中で、家の中でも意識すべきキーワードの一つに「衛生」があります。家族の誰か一人だけが自粛警察のようになっては衝突が増えるだけです。一緒に暮らす人がそれぞれ家の中での生活を見直し、衛生面を意識することが大切です。今回は、自粛明けの我が家の暮らしの変化や新しいルールを4つご紹介致します。

 (1)「ただいま」の後に玄関でウイルスを食い止める

 まずは帰宅後の家族の動きを観察しました。例えば夫は「ただいま~」とドアを開けてから、そのままリビングへ直行し、床にバッグをドサッと置きます。その後、洗面所へ移動して、手洗いをしていました。

 これを自分自身に置き換えたときに、皆さんはどのような動線で動いていますか? 私が一番気になったのが、リビングの床にバッグをドサッと置いていたことです。人によっては、ダイニングテーブルの椅子に置く、というケースもあるでしょう。今まではあまり気にも留めていませんでしたが、よく考えるとバッグの底(裏面)って相当汚れているのでは? と思うのです。そこで、外から帰ってきたら、バッグを玄関に置いてから室内に入るように収納を変更することにしました。

 といっても、玄関収納にも余裕がなかったので、季節外のシューズはまとめて他の場所に収納。空いた場所に夫婦が毎日使っているバッグを収納しました。ただ、ご家庭によってはどうしても玄関にこれ以上収納スペースを作れない! という場合もあるかと思います。そんなときにオススメなのが、「バッグハンガー」というグッズです。100円ショップでも耐荷重10kgのバッグハンガーが売られています。

 普段からバッグの持ち手にキーホルダーのようにつけておき、会社ではデスクにひっかけて使い、帰宅後はキッチンカウンターなどにサッとかけることで底が汚れないように意識してみてはいかがでしょうか? 床に置くよりも立ったままモノの出し入れがしやすくなるので使い勝手も向上するかと思います。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング