ヘルスケア

新型コロナ禍で8割がストレス 筑波大がネット調査

 新型コロナウイルスの感染拡大による不安や恐怖といった精神面の影響を把握するため、筑波大はインターネット上で調査を実施、8月31日までに中間結果をまとめた。回答したうちの約8割の人がストレスを抱えたことが分かった。

 取りまとめた太刀川弘和教授(災害地域精神医学)によると、平時に調査をすると、ストレスがあると答える人は高くても5割程度になる。コロナが国民に与えているストレスは、相当高いと考えられるとしている。

 調査は8月4日に開始し、全国の幅広い年代の約7000人が回答。直近の1カ月間でコロナに関連してどの程度ストレスを感じたかを聞いたところ、「とても感じた」が38.3%、「少し感じた」が41.8%などだった。

 中には比較的重度のストレスを抱えている人もいた。自分や家族の感染の危険を感じたり、自粛生活で仕事や学校に支障が出たりしたと答えた人が多くみられた。

 ストレスの解消法については「自宅でできる活動を楽しむ」「十分な睡眠をとる」「正しい情報を取り入れる」といった回答が多かった。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング