新時代のマネー戦略

お金は使うほうが貯まる? データで見る、貯めてる人の意外な買い物志向

カクワーズ
カクワーズ
  • 「いいものに出会えたら、予算オーバーしてもいい」
  • 「できるだけ安くお得に買いたい」
  • 「必要なものを、必要な量だけ買いたい」

 買い物に関する考え方は、人それぞれ。ですが、データによれば、この3つの考え方は、お金が貯まる人と貯まらない人で、明確に支持が分かれました。さて、貯まる人が支持した考えはどれだと思いますか?

 今回は、2020年に実施された調査の結果を踏まえ、「お金が貯まる、お金の使い方」について、検証してみます。

「安さ」では買わない

 参照するデータは、2020年に全国の20歳から64歳までの男女900人を対象として実施したお金と暮らしに関する調査(※1)。この調査結果から、次の定義で「お金が貯まる人」「貯まらない人」を抽出し、両者の違いを比較していきます。

  • 貯まる人…「最近1年間の貯蓄額が100万円以上」(145人)
  • 貯まらない人…「最近1年間の貯蓄額が25万円未満、もしくは赤字」(283人)

 さっそく、貯まる人の、「買い物の決め手」を上位から順にランキングしたデータを見ていきましょう。

 貯まる人が買い物の決め手として、最も重視するのは、「必要性があること」。安く買っても使わない、着ないものはムダです。本当に今買う必要があるかをしっかり判断するわけですね。

 次に「長く使えそうなこと」、「どうしても欲しい気持ちがあること」、「予算内であること」と続きます。

 「値段が安いこと」は5位。貯まる人にとっては値段より優先することが多いことが分かります。特に「欲しいこと」が「値段」より決め手になっているのは、意外に感じる方も多いのではないでしょうか。

 一方、貯まらない人の買い物の決め手は、このようなランキングになりました。

 貯まらない人も、トップは貯まる人と同じく「必要性があること」ですが、2位には「値段が安いこと」がランクイン。

 この調査では、買い物の対象物はあえて提示していません。つまり、買う時の「決め手」を純粋に考えたとき、貯まらない人はすぐに「安さ」を想起したということになります。

 これはランキングの順位としてだけでなく、実際の値にも、はっきりと表れています。次の数値をご覧ください。

 貯まる人では、「値段が安いこと」を買い物の決め手として考えているのは22.1%しかいませんが、貯まらない人では、38.9%と、約4割に上っています。

 面白いのは、「安さ」以外の項目は、貯まる人と貯まらない人でほとんど変わらないことです。つまり、両者の違いは「安さ」に対する意識だけ、といっても過言ではないでしょう。

 そして、貯まらない人ほど「安さ」を重視する傾向は、男性でより顕著であることも分かりました。次の数値は、貯まる人と貯まらない人を男女に分けて、安さに対する意識を比較した結果です。

 結果から分かる通り、貯まらない男性の「値段が安いこと」に対する意識は、女性よりずっと高めです。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング