ヘルスケア

東京都、宿泊療養施設を1施設追加

 東京都は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、軽症者らを受け入れる宿泊療養施設を新たに1施設開設することを発表した。15日から受け入れを開始する。都の宿泊療養施設は計11施設となり、計2630人の受け入れが可能となる。

 新たに宿泊療養施設となるのは豊島区南大塚の「アパホテル山手大塚駅タワー」で270人が滞在できる。都内の宿泊療養者は13日時点で981人。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング