ヘルスケア

5人まとめてPCR検査 厚労省指針、効率化期待

 厚生労働省は15日、感染症の専門部会で、新型コロナウイルスの感染を調べる際に、複数の人から採った検体をまとめてPCR検査にかける「プール検査」実施の指針案を提示した。5人分のまとめを基本とする。

 検査の効率化が期待され、感染が広まって検査数が増える中で、実施を求める声が出ていた。陽性反応が出た場合は、個々人を詳しく検査するなどの対応を定めた上で実施する。

 プール検査は、陽性である可能性が比較的低い人を対象とし、患者が発生していない高齢者施設などでの活用を想定している。症状がある人や感染者に濃厚接触した人は対象としない。

 指針案では、まとめて検査して正しく判定できるかどうかを事前に確かめるとしたほか、検査結果が出たときの対応を定めるよう求めた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング