ヘルスケア

日本人の膵臓がん、乳がん遺伝子が関与 理研などのチームが発表

 日本人の膵臓(すいぞう)がんの5%に、乳がん遺伝子として知られるBRCA1など3種類の遺伝子が関係しているのを確かめたと、理化学研究所や東京大、国立がん研究センターのチームが発表した。

 膵臓がんは生存率が低く、日本人のがん部位別の死亡数で第4位。欧米人を対象とした同様な研究はあったが、体質が異なる日本人でも確認されたことで、遺伝情報に基づく「がんゲノム医療」に役立つと期待される。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング