ヘルスケア

「戦時状態」表現の乱用は「防疫に役立たない」 中国・新華社通信発行の日刊紙

ラヂオプレス

 中国新聞社によると、新華社通信発行の日刊紙「新華毎日電訊」はこのほど、「『戦時状態』の乱用は疫病(新型コロナウイルス)対策の大局に役立たない」と題する論評を掲載した。論評は「一部地方の疫病予防・抑制において『戦時状態』という表現が乱用されていることは、大衆を困惑させ、不必要なパニックをもたらし、正常な生産・生活に影響を及ぼすだけでなく、防疫の大局にも役立たない」と強調。「昨年の武漢・湖北防衛戦では『戦時状態』を使うことで重大な疫病に立ち向かうことができた」としながらも、「現在の多くの地域での散発的感染や局部的なクラスター感染を当時の武漢、湖北と同列に論じることはできない」と主張した。(RP=東京)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング