大変革期のモビリティ業界を読む

キックボードだけではない…高齢化社会、観光立国に欠かせない電動モビリティ

楠田悦子
楠田悦子

 4月15日に、電動キックボードのヘルメットや走行場所などついて、警察庁が「多様な交通主体の交通ルール等の在り方に関する有識者検討会」の中間報告書を発表し、今度の方向性を示したため話題となった。

 対象の移動手段には自動配送ロボットも

 この検討会で議論された内容は電動キックボードだけに注目してはいけない。その名の通り、自動車、原動機付自転車、自転車、電動車いす、徒歩にも影響する、実に多様な移動手段の方向性が検討された会議で、日本のパーソナルモビリティの当面の方向性を示したと言っても過言ではない。

 警察庁の「多様な交通主体の交通ルール等の在り方に関する有識者検討会」で取り扱われた移動手段は、電動キックボード、搭乗型移動支援ロボット、電動車いす、自動配送ロボット、超小型モビリティ・ミニカーだ。

 類似の検討会で2014年頃、超小型モビリティを軸とした搭乗型移動支援ロボットなどのパーソナルモビリティの検討が行われた。今回は電動キックボード、自動配送ロボット、自動運転の技術を活用した電動車いすの登場など、世界的に爆発的に増えた新たな移動手段、物流の人手不足の解消、高齢者の移動手段の確保など社会的なニーズの高まりにより、整理が行われた。またLuup、mobby ride、glafitといった若い熱のあるスタートアップ企業の粘り強い働きかけが社会を動かした点も特筆したい。

 最高速度に応じて3つに分類

 検討会で示された方向性のポイントは、“最高速度”に応じて3つの類型に分けられた点だ。

 これまでは一つ一つの車両の特性に応じて整理され、自動車や原動機付自転車に当てはめられていたが、同じくらいの大きさや速度のものは、交通ルールでまとめようとしている点が新たな動きだ。

 (1)歩道通行車両(時速6km程度)

 基準となっているのが電動車いすだ。電動車いす相当の大きさで、電動車いすの制限速度と同様に時速6km、電動車いすは歩行者扱いであるため通行場所は歩道・路側帯となる。交通ルールは歩行者相当の交通ルールに従うことになる。

 検討会の対象となった搭乗型移動支援ロボット、電動車いす、自動配送ロボットがここに当てはめられている。

(2)小型低速車(時速15kmまで)

 基準となっているのが自転車だ。普通自転車相当の大きさで、通行場所は車道や普通自転車専用通行帯、自転車道、路側帯だ。歩道は原則認められない。

 電動キックボードや搭乗型移動支援ロボットがここに当てはめられている。

 ヘルメット着用義務に関しては、引き続きの検討となっている。日本では自転車は車両であるが歩行者でもあるような曖昧な移動手段であったが、近年は保険加入の義務化、ヘルメットの着用、車道走行、交通ルールの徹底、自転車の走行空間の整備などが進んでいる。自転車に区分されたからといって、安全対策が緩くなるわけではない点に留意したい。

(3)既存の原動機付自転車など(時速15km以上)

 通行場所は車道のみで、免許やヘルメットなどのルールは維持される。

 電動キックボードや搭乗型移動支援ロボットがここに当てはめられている。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング