SankeiBiz for mobile

歴史変える未発表作…ナチス略奪品「美術館できる」

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSのトレンド

歴史変える未発表作…ナチス略奪品「美術館できる」

更新

 ドイツ・ミュンヘンのアパートから発見された第二次世界大戦中にナチス・ドイツが略奪したとされる約1500点の絵画の中に、マルク・シャガール(1887~1985年)やオットー・ディックス(1891~1969年)らの未発表作品が含まれていることが分かり、美術界に衝撃が広がっている。専門家は「歴史的にも価値の高い作品」としている。全作品の時価総額は100億ユーロ(約1330億円)を超えるといい、「すぐにでも美術館ができる」との声が上がっている。

 シャガール、ディックス ナチス略奪

 フランス通信(AFP)などによると、未発表作品の存在は、調査に協力している専門家のマイケ・ホフマン氏が11月6日までに明らかにした。日本の収集家にも人気が高いフランスのシャガールの作品は、寓話(ぐうわ)のシーンを描いたもので、1920年代後半に制作されたとみられる。

 ドイツのディックスは写実主義による肖像画を多く残しているが、今回、1919年に描かれたとみられる珍しい自画像が見つかった。このほか、パブロ・ピカソ(1881~1973年)やアンリ・マチス(1869~1954年)ら有名画家の所在不明になっていた作品が多数含まれている。

 「従来の美術史が塗り替えられるほどの価値がある。世界中の美術史家が、有名画家の伝記を書き換える準備に入っているだろう。今回の作品だけで多くの美術館ができる」

 英BBC放送の美術担当編集者、ウィル・ゴンペルツ氏は興奮気味にこう伝えた。

 即席麺に埋もれて

 発見された作品も衝撃的だが、発見にいたる経緯も驚きの連続だった。

 欧米メディアの報道によると、これらの絵画はナチス政権下で暗躍した美術品ディーラー、ヒルデブランド・グルリット氏の息子、コルネリウス氏(80)が住んでいたミュンヘン市内にある古いアパートで昨年2、3月に発見された。

 ことの発端は、2010年9月。スイスのチューリヒからミュンヘンに向かう特急電車の中で、ドイツの税関職員がコルネリウス氏の持ち物から9500ユーロ(約126万円)の札束を発見した。不審に思った税務当局が捜査を始め、脱税容疑でアパートを捜索し絵画を発見した。

 絵画は腐った缶詰や即席麺などに埋もれていたという。コルネリウス氏は銀行口座も持っておらず、税務当局は「価値も知らずに、絵画を安値で売りながら細々と暮らしていた」とみている。また独検察当局は、一部の絵画について、ナチスが強奪した具体的な証拠をつかんでいるという。

 「返還すべきだ」の声も

 アドルフ・ヒトラー(1889~1945年)率いるナチスは、非ドイツ的な近代美術を「退廃芸術」と見なし、美術館やユダヤ人の収集家から大量の作品を没収・略奪した。

 検察当局は、今回の作品の発見について、「持ち主だと名乗り出る人物が殺到する」との理由で約2年間も発表しなかった。歴史的な価値がある一方で、「持ち主の親族らを探して返還すべきだ」との声が出ており、作品の行方にも注目が集まっている。(SANKEI EXPRESS

ランキング