SankeiBiz for mobile

西南戦争史料など数万点 本草漢学塾跡で発見 岩倉の暗号表 「情報戦」物語る

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの社会

西南戦争史料など数万点 本草漢学塾跡で発見 岩倉の暗号表 「情報戦」物語る

更新

 1877(明治10)年の西南戦争で明治政府のナンバー2の右大臣だった岩倉具視(ともみ、1825~83年)が使った暗号表や、最後の徳川将軍・慶喜(よしのぶ、1837~1913年)が官軍に江戸攻撃中止を求めた直筆哀訴状など重要文化財級を含む数万点の史料が、江戸-明治の本草(ほんぞう)漢学塾「山本読書室」跡(京都市下京区)の土蔵に秘蔵されていたことが2月2日、分かった。松田清京都外大教授(66)=日本洋学史=が約2年半調査し、目録を刊行した。

 慶喜直筆の哀訴状

 重文級は少なくとも数百点で、このほか、菅原道真(みちざね、845~903年)直筆の可能性が指摘される9世紀の写経もあり、新史実の解明が期待できる一大史料群として注目されそうだ。

 新史料の年代は平安から明治と広いだけでなく、古文書や書画、博物標本、歴史的な手紙など多岐にわたり、中野三敏(みつとし)九州大名誉教授(78)は「類例のない大量の新史料」と評価している。

 暗号表は紙製で大小2枚の円盤の周りにそれぞれカタカナが書いてある。直径約10センチの小さい方の円盤を回して文字を変換する仕組み。また、東京の岩倉が九州の戦地や、大阪の大久保利通(1830~78年)らと電報や暗号表など最新技術を駆使して交わした秘密通信文61通もあった。士族反乱が全国に広がらないよう、情報収集していた老練な政治家の息遣いが伝わる。

 慶喜の哀訴状は、時代が江戸から明治へとなった1868年、江戸攻撃が8日後に迫った3月7日に官軍に届けられた。「慶喜一身」を罰し「無罪之生民」に苦しみを与えないよう、攻撃中止を求めた内容。当時、回覧のため筆写されたので、内容は知られていたが、直筆は初めて。

 博物学の西の拠点

 山本読書室は本草学(博物学)の西日本の拠点で、医学や儒学なども教えていた。創立者の山本亡羊(ぼうよう、1778~1859年)の孫、復一(またかず、1840~1912年)が岩倉の秘書で、伝記「岩倉公実記(じっき)」の編集に携わったことから、実記編集用に集めた参照史料など数百点を所蔵していた。既に知られている岩倉関連史料は重要文化財で、専門家は今回の史料も重文級と評価している。

 また、道真直筆とされる写経は、山本家の子孫で、京都、奈良両帝室博物館に勤め、正倉院や東洋美術を調査・鑑定した山本規矩三(きくぞう)が所蔵していたものだった。

 今回の史料は現在、京都府立総合資料館で一時的に保管されている。

 ≪岩倉の暗号表 「情報戦」物語る≫

 西南戦争の際、岩倉具視(ともみ、1825~83年)が残した秘密通信文61通は、明治政府の情報管理の内幕を伝える画期的な史料だ。各地の不平士族が蜂起しないよう先手を打ち、重大な決断を委ねられた政府ナンバー2の岩倉の存在感が浮き彫りになった。

 暗号表は紙に描かれた直径約12センチの円の上に直径約10センチの紙の円盤をのせてある。大小2つの円にそれぞれカタカナが書かれ、円盤を回して5通りに文字を変換する仕組み。「岩倉右府公手許ニ於テ復一カ取扱タル暗号電信表」と岩倉が使ったことが記されていた。

 秘密通信文によると、1877(明治10)年春、西南戦争の激戦地・熊本県の田原坂(たばるざか)で攻防戦が始まったころ、宮崎で情報収集した官軍は77年3月3日、軍艦で下関に向け出航。艦長が翌4日に下関から「(一部の士族は)ハンシンアレドモ動カズ(反乱の気持ちはあるが動かない)」と電報を発信した。この情報は4日午後4時すぎに東京の海軍省に届き、岩倉に報告された。

 「不平士族は西南戦争の勝敗を見て進退を決めるので、治安維持のため早く確実な情報を伝えた方がよい」と政府高官の一人が3月5日、岩倉に進言。近代郵便制度の創設者、前島密(ひそか、1835~1919年)は5日付の岩倉宛て書簡で「ご指示に従い、士族の動きが不穏な山形県には官軍の勝報を毎日、電信でお知らせします」と記した。

 田原坂攻防戦後も西郷隆盛(1827~77年)の軍は抵抗。同時に高知県での反乱の動きを明治政府は心配していた。士族を募集すべきか、派遣するのは九州か高知か、意見がまとまらない京都での閣議の様子を参議、大木喬任(たかとう、1832~99年)は「(募集を)ヨセトモ。云ワレズ。ヨスナトモ。云ワレズ」と報告。岩倉に最終決定を一任することに政権トップの太政大臣だった三条実美(さねとみ、1837~91年)や大久保利通、伊藤博文(1841~1909年)も同意した。(SANKEI EXPRESS

 ■西南戦争 1877(明治10)年に起こった、西郷隆盛が率いた鹿児島県士族を中心とする反政府暴動。明治政府に対する不平士族の最大で最後の反乱。征韓論争に敗れた西郷が郷里の鹿児島で私学校を設立。この生徒が中心となり挙兵したが、官軍に鎮圧され、西郷が77年9月に自決し終わった。

 【本草(ほんぞう)漢学塾「山本読書室」の主な史料】

・岩倉具視(ともみ、1825~83年)が使った円盤状の暗号表

・徳川慶喜(よしのぶ、1837~1913年)が江戸攻撃中止を求めた直筆哀訴状

・菅原道真(みちざね、845~903年)直筆の可能性がある写経

・13世紀の源氏物語の写本

・16、18世紀のオランダ語植物図譜

・日本の本草学(博物学)をリードした新井白石や貝原益軒の書簡

・日本の本草学の象徴・松岡恕庵(じょあん)の採薬刀

・国内で唯一現存する江戸時代の極楽鳥標本

・将軍家侍医の桂川甫周が模写した「犀図」

ランキング