SankeiBiz for mobile

クロ現「過剰な演出」 やらせ認めず NHK調査報告書発表

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの社会

クロ現「過剰な演出」 やらせ認めず NHK調査報告書発表

更新

会見で頭を下げる堂元光(どうもと・ひかる)副会長(手前)ら=2015年4月28日午後、東京都渋谷区のNHK放送センター(栗橋隆悦撮影)  NHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったと指摘されている問題で、NHKの調査委員会(委員長・堂元光副会長)は28日、「過剰な演出」「誤解を与える編集」があったとする一方、捏造(ねつぞう)につながるやらせはなかったとする調査報告書を発表した。

 番組を担当した大阪放送局記者を停職3カ月とするなど、関係者15人を懲戒処分。籾井勝人会長ら役員4人は報酬の一部を自主返納する。

 堂元委員長は記者会見で「視聴者の期待に反する取材、制作が行われたことを誠に遺憾に思っている。心より深くおわびします」と謝罪した。

 やらせが指摘されたのは、昨年5月放送の「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」など。番組内で詐欺に関わるブローカーとして匿名で紹介された大阪府内の男性(50)が「NHK記者の指示で架空の人物を演じた」と週刊誌で告発し、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に申し立てた。

 調査委は(1)男性をブローカーと断定的に伝えた(2)ビルの一室を詐欺の「活動拠点」としたのは誤り(3)決定的シーンを撮ったように過剰に演出した(4)安易に匿名化した映像を使用-など、多くの問題点があったと認定。その上で「記者が意図的または故意に架空の場面を作り上げたとはいえない」として、やらせに当たらないと結論づけた。

 宮川勝之弁護士ら調査委の外部委員は「行き過ぎた演出や構成、取材の詰めの甘さのため、NHKの信頼を傷つけたのは残念」と見解を出した。

 ≪事実よりリアル… ルール逸脱≫

 「クローズアップ現代」をめぐるやらせ疑惑で、NHKの調査委員会は28日、取材チームに「ルールの逸脱があった」とする調査報告書を公表した。「敏腕」と評価されていた大阪放送局の担当記者は、上司に取材経緯を偽ってまで見せ方にこだわっていた。「過剰演出」がほどこされた映像は編集幹部らによる試写でも「よく撮れている」と上々の評判だったという。

 上司に虚偽報告

 やらせが指摘されたのは昨年5月に放送された「出家詐欺」の特集。番組では出家を斡旋(あっせん)するブローカーとしてまず男性A氏(50)が登場し、その手口を告白。事務所に多重債務者の男性B氏(53)が相談に訪れた後、立ち去るB氏を記者が追いかけて“突撃インタビュー”する構成になっている。

 調査報告書によれば、記者は上司のデスクに「ブローカーへの取材を通じ、相談に来ている多重債務者も撮影できることになった」と報告。だが実際は、8年前からの知人だったB氏にブローカーとしてA氏を紹介してもらい、撮影場所もB氏が設定していた。

 こうした虚偽報告の理由について記者は「情報源秘匿のため」と釈明。調査委の外部委員は「記者の説明は理解困難」と突き放した。

 当日の収録では、事務所にいるA氏と相談に訪れたB氏を、はす向かいのビルから窓越しに撮影。視聴者には「隠し撮り」にしか見えないが、その場には記者も同席していた。

 「お金の工面のところのやりとりがもうちょっと補足で聞きたい」

 A氏とB氏との会話に、裏側では記者が“注文”をつけていた。旧知のB氏をまるで初対面のようにインタビューしたシーン。最終報告書では、これが記者の独断ではなかったことも明らかになった。「現場の緊張感を伝えるためにディレクターと相談して決めた」(記者)

 カメラマンも隠し撮り風にした理由を「距離を置いて撮影する方が臨場感につながる」と答えた。事実よりもリアルな「演出」。こだわったのは記者だけではなかった。

 「敏腕」と期待

 複数のNHK関係者によると、問題の記者は入局後に主に事件取材を担当。特に強みを発揮したのは事件や不正に関与した人に、顔を隠した状態で生々しい実態を語ってもらう今回のような「覆面インタビュー」だった。

 顔を出さない条件でも協力を取り付けるのは容易ではない。必然、覆面インタビューが撮れれば評価は上がる。記者も局内では敏腕の定評があったという。

 出家詐欺のリポートは放送前の試写で編集責任者から高評価が相次ぎ、疑問を差し挟む声はなかった。最終報告書は「記者や取材デスクも経験豊富で今回のような映像も撮れるという期待があった」とした。(SANKEI EXPRESS

ランキング