SankeiBiz for mobile

リオ五輪費用、予算の1.5倍 オックスフォード大が報告書

記事詳細

リオ五輪費用、予算の1.5倍 オックスフォード大が報告書

配信元:ブルームバーグ 更新

 「巨大プロジェクトを予算内で行うことを難しくしたいなら、歴代の五輪で行われていることをまねしてみればいい」と同氏は辛辣(しんらつ)な意見を述べる。「同じようなプロジェクトに携わった経験のないチームを編成し、前例のない場所を舞台に選ぶ。その上で、不透明な招致活動に参加し、招致の勝者を決める機関には費用に関して何の責任も課さなければいいのだ」

 リオ五輪大会組織委員会の報道担当者は、関連インフラを考慮すれば予算超過はないと主張。報告書は憶測の上に成り立っていて、大会の印象を悪くすることが目的だと非難した。

 フリビジャーグ氏は報告書にはインフラの費用も盛り込んであり、超過の数値は「控えめ」だと反論する。報告書の分析には、組織委員会の運営費や競技会場の建設費用などが含まれる。ただしインフラ改善やホテル改装といった間接的な関連費用は含まれない。予算と収入については、リオ市の招致活動で提示された値を用いた。同市は2009年に五輪開催権を獲得している。(ブルームバーグ Blake Schmidt)

ランキング