SankeiBiz for mobile

インド富裕層が「次」の旅先探す…日本政府、13億人巨大市場狙う

記事詳細

インド富裕層が「次」の旅先探す…日本政府、13億人巨大市場狙う

更新

日本の自治体など菜食料理や雪山PR

<< 下に続く >>

 インド人の訪日観光客が急増しているのを受け、日本の自治体や旅行業界が「おもてなし」に本腰を入れ始めた。巨大なベジタリアン(菜食主義者)人口を取り込もうと菜食の料理店を紹介したり、ヒンズー教徒が神聖視する雪山のツアーをPRしたりと工夫を凝らす。日本政府は2020年の東京五輪を見据え、年内にもインドに誘致拠点を設置、13億人の巨大市場に切り込む構えだ。

 「旅行中はインド料理ばかりだった」。JR東京駅で、10日間の日本滞在を終えた首都ニューデリー出身のサンガム・クマリさんは残念がった。インド人の3~4割を占めるとされるベジタリアンで、肉や魚介類を含まない和食を見つけられなかった。「盛り付けが美しい和食を試したかった。材料を示す英訳メニューがあれば…」。別のインド人男性も「果物だけの旅だった」とため息をついた。

 経済成長に伴う旅行ブームで、インド富裕層は欧米や東南アジアの「次」の旅行先を探している。5月には月単位で過去最高の1万3600人が来日。ただ、インド系住民が多い欧米と違い、日本では菜食が難しいのがネックで、このままでは訪問者が頭打ちになる恐れもある。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です