SankeiBiz for mobile

【高論卓説】お粗末な国会論戦 煮え切らない「森友問題」に時間浪費

記事詳細

【高論卓説】お粗末な国会論戦 煮え切らない「森友問題」に時間浪費

更新

 国会論戦がお粗末だ。攻める野党も、迎え撃つ政府側も、国民のために事実を、真意を明らかにしようという気が本当にあるのか、と思わざるを得ない。

<< 下に続く >>

 第1に、「森友問題」である。学校法人森友学園が開校する予定の小学校用地取得に関する不可解な経緯に対し、連日、国会での追及が続いている。論点は既に報道で明らかだが、それに対する政府側の答弁は何一つ納得がいかないのである。賃借契約を経ての売買契約という経緯や、賃料や売却額の異常なまでの安さという点だけでも、ほとんど全ての国民は「何か特殊事情があるのでは」と思っているはずだ。

 さらに、安価となった根拠でもある地中の埋設物そのもの、またその処理方法が未確認というのでは、適正に対処したとはとても言い切れないと、常識的な国民なら思うはずだ。答弁する高学歴の政府の担当者が、その判断がつかないとはとても思えない。そう考えると、「何か隠している」と国民が思うのが普通である。予算委員会でそれを聴いている総理大臣を含む全ての閣僚たちは、そのことをどう思っているのだろうか。国民に対する説明として不十分と感じないのだとすれば、そのような閣僚、政治家はいらない。

 追及する野党も、同日に質問に立つ議員が、繰り返し同じ質問をするのである。同じ質問をするから、同じ答弁、それも煮え切らない答弁が返ってくるだけで、ほぼ1日を費やし、はっきり言って時間の無駄だ。同じ党なら、質問に立つ議員同士で、質問の分担や調整をしっかりやるべきである。

 あるいは、こういうときこそ、野党共闘したらよいのではないだろうか。本当にこの問題の真意を明らかにしようという気があるのなら、野党が一丸となって追及すべきだ。理念や政治信条が違う党が選挙で見せかけの共闘をするより、よほどその価値は高いはずだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by

ランキング