SankeiBiz for mobile

ヤフー、全30億ユーザーの情報流出 13年ハッカー攻撃で最新分析

記事詳細

ヤフー、全30億ユーザーの情報流出 13年ハッカー攻撃で最新分析

配信元:ブルームバーグ 更新

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ傘下のヤフーは3日、2013年のハッカー攻撃により、30億のユーザー全てのアカウントの個人情報が流出していたことが分かったと発表した。

<< 下に続く >>

 ヤフーは当初10億のユーザーに影響があったと推計していたが、ベライゾンによる買収後の新たな情報に基づいて最新の分析を加えた。クリアテキストのパスワードや支払い情報、銀行口座の情報は流出していなかった。ヤフーはユーザーに通知したと説明している。

 AOL部門とヤフーを統合しインターネット広告事業拡大を目指すベライゾンは、ヤフーが13年と14年のハッカー攻撃を公表した後、事業買収価格を3億5000万ドル(約395億円)減額する交渉をまとめた。ベライゾンとヤフーのネット資産の元オーナーであるアルタバは今年、個人情報流出をめぐる消費者や企業の訴訟に関連する法的責任を分担することに合意。アルタバは株主に対する法的責任を負う必要もある。

 ヤフーは13年の攻撃を仕掛けた人物を特定できないとしているが、米政府は14年のハッカー攻撃を指示したのがロシアだとしている。

 13年の攻撃は東欧ハッカー集団の動きを追跡していたインフォアーマーのアンドルー・コマロフ最高情報責任者が発見したもので、同氏によれば、この集団はヤフーの10億のアカウントを30万ドルでひそかに売却していたという。(ブルームバーグ Crayton Harrison)

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です