元受付嬢CEOの視線

悲哀に満ちた「サラリーマン川柳」から読み解く ビジネス新時代の生き残り方

橋本真里子

 第一生命保険が今年も「サラリーマン川柳」の入選作100句を発表しました。平成最後ということで、今年は例年に比べてより多くのメディアで取り上げられていた印象です。

 今では毎年恒例となっていますが、もともとは第一生命の社内報の1コーナーだったとか…! 企業内部の小さな企画が社会の一つの文化になるとは素晴らしいことですね。いつか弊社からもそんな企画を世に出したいものです。

 さて、サラリーマン川柳の入選作を見ていると、心の嘆きを面白おかしく表現しているものが多いなと思いました。「お上手!」「あるある!」と思わず拍手を送りたくなるような作品もあります。

 今回はその中で、「職場」や「仕事」を詠んだ川柳を私なりに詠み手の感情や背景を独断と偏見で想像し(笑)、前向きになれる解説をしていきたいと思います。

共感したらヤバイ!?

人事異動 オレの後任 人工知能

 新元号になったら、こういう経験をする方も増えるかもしれませんね。実際、機械に人間の仕事がリプレイスされるという将来が少しずつ近づいてきていると思います。

 しかし、自分の仕事をすべて機械や人工知能に容易に置き換えることが可能だとしたら、それは今の仕事の仕方について見直す必要があるかもしれません。なぜなら、それは自分の“エッセンス”を入れた仕事ができていない、仕事に自分なりの付加価値を加えられていないといえるからです。

 これからどんなにテクノロジーが進化しても、人にしかできない仕事は残るでしょう。テクノロジーが進化するからこそ、人にしかできない仕事や価値も生まれてくるはずです。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング