元受付嬢CEOの視線

あなたの「クセ」が最強の武器になる 分析し育てて成長の糧に

橋本真里子
橋本真里子

 「ご自身のクセは何?」と聞かれていくつ答えられるでしょうか。「クセ」だと思いつきづらいかもしれませんが、「習慣」と聞かれれば答えられる人も多いのではないでしょうか。クセと習慣は非常に近いのです。(橋本真里子)

 いいクセ、あるいはいい習慣を身につけることは、ビジネスマンにとって最強の武器になります。私が尊敬する起業家の方も、「心構え、良い習慣、あとは圧倒的に努力をされている人が成長する」と語っていらっしゃいます。

今回は私が起業してから身についた「クセ」についてお話しさせていただき、どのようにビジネスに繋がっているかについてお伝えできればと思います。

隅から隅まで… 訪問先の○○が気になる

 訪問先の受付をチェックしてしまう―。ちょっと失礼かなと思いつつも、これはもう自分でも仕方がないと思っています(笑) 受付嬢を10年以上やっていたので気になって仕方がないのです。

 有人でも無人でも、他社の受付には興味をそそられます。受付嬢時代、どんなに願っても他の会社の受付を覗きに行くことが叶わなかったのです。なんせ、私は自分の会社の受付を守ることが仕事だったのですから。その反動もあってか、今でも受付には興味津々。 有人受付の場合は訪問してすぐに、これらのことを瞬時に把握しようとしてしまいます(笑)

・受付嬢が立って出迎えてくれるか
・カウンターの中が整理整頓されているか
・受付管理にはどんなツールを使っているのか

 帰り際も、立ってお見送りをしてくれるかまでチェックします。受付嬢にとって、来客を迎えるタイミングは正面から入ってくるので構えることができるのですが、帰りは不意なタイミングのため素が出やすいのです。帰り際をチェックすると「教育の行き届き具合」がわかります。

 無人受付の場合でも、これらのことを毎回チェックしています。

・受付周りの備品
(例えば、花が生花か造花かで受付に対する会社の意識がわかる)
・内線電話をかけてから迎えに来るまでの時間
(執務室側でどのような取次が行われているか想像がつく)
・どんな役職の人が迎えに来るか
(受付周りの運用を知ることができる)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング