ビジネスパーソン大航海時代

商社を経てスタートアップをハンズオン支援する起業家へ~航海(11)

小原聖誉
小原聖誉

 今回は、新卒で大手総合商社双日に入社し、そのあとスタートアップを経て起業、現在はリモートワークでスタートアップのハンズオン支援(スタートアップ企業に伴走する形で継続して経営課題解決を支援すること)をされている渡雄太さん(31歳・株式会社wib代表取締役)についてお話させてください。

 渡さんは起業したあとに、「自分自身に期待できるようになった」といいます。しかし、起業した直後は必ずしもそうは言えない状況でした。会社の登記をしたもののどんな事業をやるべきか迷い続けていたと言います。

 そこからどのように納得感がある人生を送れるようになったのか。

その経緯にはうなずかされるものがありました。

 読者のみなさまにとって起業のリアルをお伝えできればと思います。

 それではインタビューをご覧ください。

 スタートアップの「ハンズオン支援」とは?

 渡さんが創業したwib社は2018年に立ち上げた会社で、スタートアップを中心に事業や組織の課題解決に特化した事業展開を行っているそうです。

 具体的に伺ってみましょう。

 「スタートアップの経営者にはとにかく時間がありません。ヒト・モノ・カネといった経営リソースが足らず、メンバーと深く意思疎通する機会もなかなか作れず、特に創業期は多忙を極めます。素晴らしいビジョン・事業があっても最前線で働くメンバーに十分に言語化・可視化は出来ていないという話もよく聞きます。私たちwibはそうした経営者と現場の『橋渡し役』として、スタートアップの経営を側面サポートしています。経営者の方針を理解し、最前線のメンバーが活動しやすいように、言語化・実行を支援します」

 なるほど、経営陣と現場のギャップを埋めるということですね。

 「そうです。関係者が認識をすり合わせるための言語化はもちろん、具体的なタスクに落とすところまで徹底して伴走します。現在はスタートアップ・中小企業を中心に12社と契約いただいており、ここまで1社も解約が出ていません。私たちが介在することに価値を感じていただいていると考えています」

 契約社数もさることながら継続率が高いと言うのは素晴らしさを感じます。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング