ビジネスパーソン大航海時代

駐車場の新時代を切り拓く“パーキング王子”~航海(16)

小原聖誉
小原聖誉

 今回は、駐車場のシェアリングサービス「スマートパーキング」事業を手がける吉川幸孝(ゆきたか)さん(株式会社シード代表取締役・28歳)についてお話させてください。

 吉川さんは、駐車場会社の2代目社長であるお父さんと同業界の会社を経営する“3代目社長”です。みなさんは、「3代目社長」と聞くと、どんな印象を持ちますでしょうか?きっと「御曹司として不自由なく暮らして世間を知らないのだろう」と思うのではないでしょうか?いわゆる“ボンボン”と感じませんでしたか?少なくとも私は最初そう思いました。

 しかし、お話を伺うにつれ吉川さんの人生は、お父さんに言われたわけではなく自ら起業したこと、そしてトラディショナルな駐車場業界全体から「パーキング王子」というポジションを請われたのだと理解するようになっていきました。

 それではインタビューをご覧ください。

 「スマートパーキング」が駐車体験を進化させる

 吉川さんが手掛けているスマートパーキングはどんなサービスなのか。まずそれから伺ってみました。

 早速ですがスマートパーキングのご紹介をお願いいたします。

 「不動産オーナー様や管理会社の方から空きエリアをご提供いただき、車を持つユーザー様がそこに駐車するサービスです」

 すごくシンプルですね(笑)。どこに革新性があるのか教えてください。

 「まず不動産オーナー様側の革新性ですが、従来駐車場にするためには初期コストが平均400万円くらいかかっていました。スマートパーキングはその初期コストを0円にしたのです。そのため駐車場経営をしていただきやすい。もう一方のユーザー様側ですが、スマートパーキングのアプリをダウンロードすると、リアルタイムで駐車場の空き状況がわかり、自分から一番近い駐車場も教えてくれます。そしてキャッシュレスで支払いができるのです」

 おお、とてもスマートなサービスなのですね。

 「はい。17の特許でサービスを支えており、オーナー様とユーザー様の駐車場に関わるストレスを限りなく0にしています。スマートフォンを持っている方であれば本当に滑らかに使えるのですよ」

 現在は何カ所対応しているのですか?

 「2020年6月末までの開設予定を含めると全国5000カ所になっており、毎日増えている状況です。最大手のタイムズさん(パーク24)が約17000カ所と言われていますので、それなりの規模感になってきています」

 「父を超える」がビジネスの原動力。

 なるほど、ビジネスとしての面白みが伝わってきました。2代目社長であるお父さんが企画されたのですか?

 「いえ違いますよ。よく勘違いされるのですが、私の起業と父の事業とは最初は全く関連がなかったのです。スマートパーキングを企画したのは私ですし、私の会社の事業です」

 もう少し教えてください。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング