TMIP通信

東京大学が挑むイノベーターの育成 「数千人のタネは世に放たれた」 (1/3ページ)

 イノベーションを進める上で、「学」との連携は欠かせません。9月9日に開かれたTMIPによるセミナー「東京大学が挑む未来を創るイノベーターの育成~スタートアップ創出から大企業連携まで」の模様を通じ、東京大学がイノベーションをめぐり、どのような取り組みを進めているのか、お伝えします。

 「将来の日本を考えるときに、東京大学と丸の内は切っても切り離せない最重要な要素です。両者が手を組むことが、日本のイノベーションに多大なる影響があるだろうというところから、今回のセミナーが企画されました。東大の取り組みを包括的に理解することで様々な取り組みの参考にしていただければと思っています」

 今回のセミナー開催の趣旨について、TMIP事務局の後藤泰隆氏はこう言及しました。

アントレプレナー道場卒業生の100人程度が起業家に

 東京大学では、スタートアップ支援のエコシステムの構築に注力しています。同大学産学協創推進本部の菅原岳人氏から、その概要について説明がありました。

 「産学協創推進本部ではスタートアップの支援プログラムが多数あり、大学単体だけでなく、関連企業や先輩起業家の方々にも多数ご協力いただき、創業支援や成長支援をしています。充実した起業支援やインキュベーションを提供することはもちろん、教育・人材育成にも長年力を入れているのも東大の特徴と言えます」

 アントレプレナー道場という在学生向けの講座だけでも、これまで累計4000人ほどが受講し、卒業生の100人ぐらいが起業家になったと、菅原氏。スタートアップの世界とは、なぜ世の中にスタートアップが必要なのか、キャリアとしてスタートアップ起業家とはどのようなものなのかといったことを学生の時点で基礎からレクチャーしているそうです。

 「卒業後すぐに起業する学生はそれほど多くなく、我々もすぐの起業は推奨していませんが、様々なプログラムを受講した数千人のタネは世の中に放たれており、彼らの多くがこれからの5年10年でスタートアップの世界にやって来るだろうと捉えています。また、ビジネスの匂いがすると入りづらいというテクノロジーに興味の中心がある学生のための支援スペースもあり、ビジネスと技術プログラムを両輪に人材育成をしています」

アイデアない段階から支援し挑戦者を増やす

 「スタートアップ挑戦者を生み出す仕組み」については、どうでしょうか。東京大学FoundXの馬田隆明氏が解説しました。

 「数年間企業に務めてから改めてスタートアップをやりたい、という東京大学の卒業生を支援し、挑戦者を増やしていくプログラムとして、2019年にFoundXが立ち上がりました。チームに1人以上東大卒業生や現役生、研究者を入れることで大学とのつながりを保たせ、個室やプログラムを最大9カ月間無償で提供しています」

 FoundXでは、挑戦者を増やすことを前提としており、アイデアがない段階から、アイデアを見つけるということから支援しています。「リスクは極めて高く、実際ほとんど失敗する前提なのですが、こうした支援がなければ起業しなかった人たちにも興味を持って踏み出してもらうことを目的としています」と、馬田氏は力を込めました。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus