「連載・コラム - 視点」:SankeiBiz

視点

視点

【視点】サービス付き高齢者向け住宅 「住まい」という理想は非現実的

9.5 05:59

 一般の賃貸住宅に近い新しい「住まい」として、国が推進する賃貸住宅「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)が、制度の創設から間もなく6年を迎える。登録数こそ増加の一途だが、入居者の9割は要介護者。有料老人ホームや施設との違いを強調する一方で、緩やかなコンセプトがサービスの不十分さ、基準や責任問題のあいまいさを生み出しているという声もある。【記事詳細】

関連写真

  • 【視点】かんぽ生命に内在する本当の課題 “過去の遺産”で利益を維持
  • 【視点】迷走する日本郵便… 楽観的なはがき値上げ、高齢者向けサービスにも疑問