「連載・コラム - 江藤詩文の世界鉄道旅」:SankeiBiz

江藤詩文の世界鉄道旅

江藤詩文の世界鉄道旅

【江藤詩文の世界鉄道旅】タイエリ峡谷鉄道(6)南半球最大級の鉄橋も見どころ! 「鉄道ファンならオフシーズンの冬が狙いめ」元・運転士の車掌が語る鉄道愛

8.27 18:00

 窓を開けると、ひんやりとした透明な風がさっと吹き抜けた。車掌のジュリアンさんいわく、この日の外気はプケランギ駅付近で約7度。ニュージーランド南島は、冬晴れならあまり寒さが厳しくないそうだ。雪など天候が理由で運休になることはほぼないため、タイエリ峡谷鉄道は通年運行。観光客はスケジュールに組み込みやすい。【記事詳細】

関連写真

  • 【江藤詩文の世界鉄道旅】タイエリ峡谷鉄道(6)南半球最大級の鉄橋も見どころ! 「鉄道ファンならオフシーズンの冬が狙いめ」元・運転士の車掌が語る鉄道愛
  • 【江藤詩文の世界鉄道旅】タイエリ峡谷鉄道(5)クラフトビールのラインナップに“呑み鉄”も大満足! ほろ酔いで楽しむ機関車の付け替え作業
  • 【江藤詩文の世界鉄道旅】タイエリ峡谷鉄道(4)乗るのはパノラマ車両か ヘリテージ車両か 往復4時間、セントラル・オタゴの絶景をゆく
  • 【江藤詩文の世界鉄道旅】タイエリ峡谷鉄道(3)「機関車は日本製ですよ!」ニュージーランドの渓谷を上るディーゼルエレクトリック 在来線と同じ狭軌線路を駆け抜ける
  • 【江藤詩文の世界鉄道旅】タイエリ峡谷鉄道(2)“荷物を手放しても大丈夫”世界有数の安全な国で堪能、華麗なる駅舎は内部まで見どころが満載
  • 【江藤詩文の世界鉄道旅】タイエリ峡谷鉄道(1)絶滅寸前のペンギンより見ておきたい!? フレミッシュ・ルネッサンス様式の豪華な駅舎

関連ニュース