枝野氏、統計不正を追及「経済指標に疑念強まる」

記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野代表=10日午後、長崎県大村市
記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野代表=10日午後、長崎県大村市【拡大】

 立憲民主党の枝野幸男代表は10日、統計不正問題をめぐり、政府の経済指標に対する疑念が強まっているとして、国会で厳しく追及する考えを示した。長崎県大村市で記者団に「国内総生産(GDP)の計算の仕方を変えたことを含め、経済関連の数字が信憑(しんぴょう)性に足るものではなかったとの疑いが非常に濃厚だ」と述べた。

 同時に、政府の国会への資料提出などが不十分だと批判。「意識的にいろんなことを隠している。隠さなければならない事情があったのではないか。粘り強く問いただしていきたい」と語った。