女性起業家のOLトリセツ

若手の「飲み会の作法」がビジネスも左右 歓送迎会シーズンに備えて (1/4ページ)

成井五久実
成井五久実

 【女性起業家のOLトリセツ】こんにちは。株式会社スマートメディアCEOの成井五久実です。

 社内の飲み会や取引先との会食など、ビジネスには「夜のお付き合い」が付き物。

 ですが、昨今は若者の飲み会離れが進み、「飲みニケーション」は悪しき習慣と捉えられることも少なくありません。

 部下を飲みに誘っても付き合ってもらえず、寂しい思いをしたことがある方もいるのではないでしょうか。

 「いつでも会える社内の人と飲むよりも、プライベートの時間を大事にしたい」という若手社員の意志は尊重されるべきだと思いますが、お客様との会食となると話は別。

 仕事の一環として参加するのはもちろんですが、参加するからには、先方に失礼のない振る舞いが求められます。

 会食の場に「飲み会スキル」が低い若手社員がいると、せっかくのビジネスチャンスを失ってしまう可能性があるのです。

 今回は、歓送迎会シーズン前に若手に教えておきたい「飲み会の作法」についてお伝えしたいと思います。

 部下が女性の場合は、飲み会の作法を教えるだけでなく、飲みに誘うことすらハードルが高く感じる方もいらっしゃるでしょうが、普段誘われない上司に声をかけてもらえたら、嬉しいと感じる人も多いはずです。

 飲み会での振る舞いはビジネスの評価に直結する

 若者の「飲み会スキル」の低下は、私自身が実感していることでもあります。

 接待する立場なのにお酌ができなかったり、あまり会話に参加せず、ただご飯を食べていたり。飲みの場で気が使えない新卒1~3年目の若手社員をよく目にします。

 「CEOである私をもっと敬ってほしい」なんて言うつもりは毛頭ありませんが、こうした人を見ると「もったいない」と感じます。なぜなら、飲み会での振る舞いは「ビジネス上の評価」に直結するからです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus