社長を目指す方程式

中だるみ撃退! いつでもどこでも「やる気スイッチ」、5つの方法 (1/5ページ)

井上和幸
井上和幸

 【社長を目指す方程式】こんにちは、経営者JPの井上です。

 早いですね、気がつけば2019年も2カ月が経ちました。

 新年の誓いも何処へやら(ではないかと推察します。いかがでしょうか?…笑)。日常に埋没して気持ちが少しだれてくる時期でもあります。そこで今回は、誰でもできる「すぐにやる気スイッチを入れられる方法」をご紹介します。どこでもすぐにできるものをチョイスしました。ぜひトライしてみてください。

 「とにかく、まずやり始める!」

 気分新たな2019年も、3月に入ってすっかり新年気分も記憶の彼方に飛び去り、目前には年度末と新年度が迫りつつある…。そんな中、日常のルーティンも累積しつつあって、「ああ、今日もまた、昨日までの宿題が溜まっているなぁ…」。眠い目をこすりつつ出勤し、机の前に向かいますが、今ひとつ気分が乗ってこない…。何かやる気が起きる方法はないものだろうか。そんなことを考えつつ、コーヒーを飲みながら、意味なく机の上の書類の山の整理を始めるあなた…。

 気分一新、やる気が起きる方法はないものだろうか。気分が一新したら、すぐにでも雑務に向かうのに。そんなことをお考えではないでしょうか?

 これ、実は順番が逆なのです。

 やる気が起きるのを待っていても、いつまでたってもやる気が訪れることはないでしょう。それよりも手っ取り早い方法があります。

 「やる気が起きる前に、まず、とにかくやり始める」

 もしこの経験がない人は、騙されたと思ってやってみてください。だるくても、かったるくても、それこそやる気がなくても、無問題! そんなことはどうでも良いので、グダグダ考えたり言ったりしている暇があったら、まず、やり始める。

 作業し始めると、あら不思議! 気がつけば、その作業に没頭している自分を発見することでしょう。

今回の社長を目指す法則・方程式:

「作業興奮」、他

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus