5時から作家塾

ママたちの能力をフル活用! 急成長を遂げるベンチャー企業 (3/4ページ)

吉田由紀子

 「小さなお子さんは、急に熱を出したり、体調を崩したりすることも多々あります。そんなとき、仕事を休まざるを得ません。どうしても『申し訳ない』という気持ちになってしまう。罪悪感を抱いてしまい、会社へ行きづらくなります。そういう状況を作らないためにも、業務をシェアして、安心して休めるようにしているのです」(小山社長)

 こうした母親支援が知られるようになり、入社を希望する女性が急増している。昨年は150名の希望者があり、7名が採用。約20倍の競争率となり、優秀なスタッフが新たな戦力として加わった。

 スタッフの状況に応じて、勤務形態を変えていくこともできる。例えば、パート勤務から正社員に切り替え、勤務。その後産休を経て、復帰したら、フルタイムからパート勤務へ戻ることも可能だ。男性に比べて、どうしても出産や育児の負担が多い女性。こういった制度があれば、安心して働くことができる。

 「おしゃコンカップ」で腕試し、才能発掘をサポート

 ミスコンシャスでは、社内コンテストを半年に1回開催している。題して「おしゃコンカップ」。これは、日頃の業務の成果を腕試しするイベントだ。「ドレスを畳む速さ、美しさを競う」「パソコンや事務の基礎スキルを競う」「記事のライティング」など3つの部門に分かれて行っている。

 「コンテストといっても難しいものではありません。誰でもできる日常の作業です。がんばれば誰でも一番になれる。そういう達成感を感じてもらいたくて行っています。上位のスタッフは、全社員の前で表彰をしています」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus