キャリア

“富裕層専門FP”が伝授! 稼げる仕事の選び方 (5/6ページ)

 彼女が私の会社に入ってきたのは、借金5000万円を抱えていた頃で、これらの話を聞いた私は、彼女は女性が心を許せるキャラクターの持ち主だと考えた。そして女性中心に生命保険の販売をさせたところ、ある生命保険会社の売り上げで5万人中4位の成績を上げるまでになった。セミナー講師としても実績を出している。

 「やりたいこと」でなく「やりたくないこと」で稼げ

 苦手なことで5000万円の借金を背負った彼女だが、得意なことを見つけることで、その何倍も稼ぐ人間になったのだ。ただここで気をつけてほしいのは、「得意なこと」と「好きなこと」「やりたいこと」を混同しないことだ。

 好きなことが、収入につながるケースは少ない。総じて自分が好きなこと、やりたいと思っていることは、ほかの人も好きだったり、やりたいと思っていたりすることが多い。それだけ競争が激しく、成功する確率が低い。たとえばカフェが好きな女性が、自分が思うようなカフェを開いたところ、お客がさっぱり入らず閉店するといった具合だ。

 逆に自分でやりたいと思わなかったことが、世の中でニーズがあったり、お金を稼ぐだけの価値があったりすることは少なくない。

 自分の「できる」を限定しない

 笠井氏もそうだ。彼女に5000万円の借金があると知ったとき、私はふつうに働いたのではとても返せないと考えた。そこで個人相手のファイナンシャルプランナーではなく、「1対100」ぐらいの規模でお客様の相手ができる、セミナーの講師を目指すように言ったのだが、彼女は「人前で話すなんて嫌です」と断った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus