働き方

副業はくたびれ儲け!? 会社員の9割が興味示すも最大のネックは○○ (1/3ページ)

SankeiBiz編集部

 政府が企業への副業解禁を推進し始めて1年。会社員の間で副業は浸透してきたのだろうか―。Webマーケコンサルティングを行うキャッチザウェブ(神奈川県藤沢市)がこのたび、日本の正社員における副業意識の変化と、副業の実態を調査した。調査の結果、副業自体には約90%の人が興味を持っていることが明らかになった一方、会社勤めをしながらの副業は時間管理が難しい上、収入との割が合わず辞めてしまった人も16%いたことが分かった。(SankeiBiz編集部)

 調査は、同社が今年2月、正社員として働く男女1000人を対象にインターネットで行った。

9割の人が副業に興味

 回答者のうち、政府による副業解禁を知っていた人は34%。そのうちの45%が「解禁を知って副業に取り組みたいと感じるようになった」と回答した。「解禁以前から副業に取り組んでいる」と回答した46%を合わせると、副業解禁を知っていた人の91%が副業に興味を示していることになる。

 また、副業解禁を知らなかったと回答した66%の人でも、そのうち48%が、副業解禁を知って副業に取り組みたいと感じるようになったといい、解禁以前から副業に取り組んでいる人を含めると、副業解禁を知らなかった人でも88%の人は副業に興味を示した。

副業のポイントは「時間」

 一方、「副業解禁を知りつつ副業に取り組みたいと思わなかった」と回答した人のうち、76%が三大都市圏に集中していることも判明。そこで三大都市圏に住む人に副業をしない理由を聞いたところ、最も多かったのは「自分に合った副業が見つけられていない」(32%)だったが、次に「会社で副業を禁止されている」(22%)、「時間がない」(21%)と続く。勤める会社の就業規則による都合と同様に、副業に取り組む時間を見つけることの難しさを挙げている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus