【経済インサイド】ものづくりの技、海洋権益を“防衛” 深海に挑む「江戸っ子1号」 (1/4ページ)

無人海底探査機「江戸っ子1号365」を積んだ船を見送る関係者=2月20日、千葉市中央区の千葉港(JAMSTEC提供)
無人海底探査機「江戸っ子1号365」を積んだ船を見送る関係者=2月20日、千葉市中央区の千葉港(JAMSTEC提供)【拡大】

  • 無人海底探査機「江戸っ子1号365」が船上クレーンで積まれる=2月19日、千葉市中央区の千葉港(JAMSTEC提供)
  • 船に積まれた無人海底探査機「江戸っ子1号365」=2月19日、千葉市中央区の千葉港(JAMSTEC提供)
  • 東京と千葉の町工場が共同開発した無人海底探査機「江戸っ子1号365」=2月19日、千葉市中央区の千葉港(JAMSTEC提供)

 宇宙と並び未知の領域が広い海。特に水深が数千メートルにも及ぶ海の底に、どんな世界が広がっているのかは専門家の間でもあまり知られていない。その深海に共同開発した無人海底探査機「江戸っ子1号」で挑んでいるのが、東京や千葉の中小企業。平成25年11月には千葉県房総半島沖の日本海溝、水深8000メートルに挑み、同7840メートルで深海魚の撮影に成功した。この実績をひっさげて新たに乗り出したのが、1年間にわたる長期海底観測だ。

 ガラス球で調査

 2月20日午前、数人の関係者による見送りを受け、1隻の船が千葉港から出港した。船には、江戸っ子1号を改良した海洋研究開発機構(JAMSTEC)の無人海底観測装置「江戸っ子1号365」6基が積まれた。

 この装置は高さ165センチで重さは約250キロ。その中には(1)ハイビジョン対応のビデオカメラ(2)ライト(3)GPS(全地球測位システム)が装着された通信ユニット(4)電池-を組み込んだ計9個のガラス球が入っている。船が向かう先は本州から1800キロ離れた東京都小笠原村の南鳥島。この島の周辺海域に装置が船から投下される。投下後は1日3回、各1分間ずつ、海底の様子を撮影。およそ1年後に引き上げる。

「大阪が宇宙なら、江戸は深海だ」