働き方

「令和」大連休、働く主婦はうんざり 家事、給料…本音は? (2/3ページ)

SankeiBiz編集部

 大型連休を「うれしい」と回答した人(291人)にも理由を聞くと、「家族と過ごす時間が十分にとれるから」(52.2%)がトップで半数を超えた。だがその反面で、「家事の負担が増えることが予想される」(40代)や、「一人だと手抜きできるお昼ごはんも、家族と一緒だとしっかり作らないといけないのが憂鬱」(30代)といった、切実な働く主婦の不安が漏れた。

ホンネは…“遠出したい!”

 そんな働く主婦たちは、実際に今回のゴールデンウィークをどう過ごす予定で、また本当はどう過ごしたいと考えているのだろうか。調査から興味深い結果が浮かび上がった。

 大型連休の実際の過ごし方を聞くと、「家族と家や近場でゆっくり過ごす」(43.8%)で一番多く、「普段の休日と変わらず過ごす」(37.1%)が続き、「日帰りで出かける」(21.0%)や、「ひとりの時間をゆっくり過ごす」(17.2%)、「国内旅行(一泊以上)」(12.4%)を上回り、大型連休でものんびり過ごす予定をたてているようだ。

 ところが、本当はどう過ごしたいか聞くと、実際の過ごし方と順位が大きく入れ替わった。実際の過ごし方では5位だった「国内旅行(一泊以上)」(30.8%)が一気にトップとなり、18.4ポイントも上回る結果となった。他にも「海外旅行」(18.0%)が5位にランクイン。

 家や近場で過ごすより、せっかくの機会に思い切って遠出をしたいと考える女性が多く、「働く主婦のホンネが垣間見える」(ソフトブレーン・フィールド)結果となっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus