転職・起業

転職に「令和」改元もGW大連休も関係なし? 家族サービスもままならず (2/2ページ)

SankeiBiz編集部

でも肝心の企業は…

 とはいえ、職探しをしようにもこのGW中は企業も休業しているところが多いだろう。

 実際、GW期間中の悩みや苦労することを自由回答で求職者に聞いたところ、「一般的に休日だから詳しい情報がない」(20代女性)、「会社が休みに入り、面接が受けられない」(20代男性)、「航空券が高い」(30代男性)といった切実な声が聞かれた。

 そういった事情と現実からか、休暇中に実施する活動内容は、個人で完結する「求人探し」(81.8%)や「応募活動」(60.5%)などが上位を占める結果が見られた。

 ただ一方で、面接を受ける予定の求職者も3割以上(30.6%)存在し、年代別に見ると、20代が45.2%と最も高い結果となった。

 こうした調査結果から、リクナビNEXTでは「大型連休中にすばやく・しっかり未来の自分に向き合いたい求職者の本音が見えてきた」と分析。今の求職者は、「多様」で「多忙」であるとして、「この本音にどう向き合うか。企業の採用進化が試されている」とコメントしている。(SankeiBiz編集部)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus